海のある暮らしを楽しむ。Life&Culture Web Magazine
御前崎市シティプロモーションサイト
Instagram

Voice明日の暮らしを変える
「まちづくり」のこと

サーフィンをやらない人にも、この土地の魅力を知ってほしい
海男(ペンネーム)

サーフィンをやらない人にも、この土地の魅力を知ってほしい

サーフィンやウインドサーフィンをやる人間にとって、御前崎は最高のまちです。もちろん、時期や天候にもよりますが、良いコンディションが御前崎には生まれます。地元サーファーはもちろん、首都圏からも、この波を求めて通っているサーファーは多数。世界大会まで開ける環境です。こういった自然環境が揃う土地は、そう多くはないので、とても誇りに思います。サーフィンをやらない人にも、この土地の魅力を知ってほしいです。

御前崎から離れている娘は帰るたびに、「これが本物の味だ」と感動
Sの母(ペンネーム)

御前崎から離れている娘は帰るたびに、「これが本物の味だ」と感動

娘が御前崎市を離れて首都圏で生活するようになってから5年経ちますが、毎回帰ってくる度に娘の好きな料理を作って家族で囲みます。なかでも、御前崎に帰ってくると地魚を食べたがります。時期にもよりますが、生シラス、カツオ、金目鯛などが旬のときには、必ず食卓にあがります。普段から食べている魚なので、それほど珍しいものではないですが、御前崎から離れている娘は帰るたびに、「これが本物の味だ」と感動しながら食べているのが微笑ましいです。(笑) もちろん首都圏にはおいしい食べ物がたくさんあると思いますが、日常に食せるものが娘にとってはご馳走になるので、料理を準備する母親の私にとっても良いまちだな、有難いなと思います。

夏らしい夏を味わいに御前崎に来てほしい
まこと(ペンネーム)

夏らしい夏を味わいに御前崎に来てほしい

御前崎を満喫したいなら、やはり夏のアクティビティをおすすめします。マリンパーク御前崎で海水浴を楽しんだり、バナナボートに挑戦したり、市民プールもあったりと、“The夏“という遊びが楽しめます。また地元のみんなにとっても夏の風物詩である「御前崎みなと夏祭」は、市外の人でも良い思い出になるイベントだと思います。マリンパーク御前崎の広場では、たくさんの出店が並びます。また、大きな櫓を中心にみんなで盆踊りを踊ります。踊りを知らなくても、気軽に加わることができるので、小さい子供からおじいちゃんおばあちゃんまで参加しています。祭のフィナーレは、海上に上がる花火です。高く打ちあがり、後ろの山に反響する音も、海面に映る光も、海面で割れる半分の花火も迫力があります。マリンスポーツをして、おいしい海鮮を食べ、盆踊りを踊り、花火を見る、夏らしい夏を味わいに御前崎に来てほしいです。