UMICO ウミコ

海のある暮らしを楽しむ。Life&Culture Web Magazine

御前崎市シティプロモーションサイト

VOICE
御前崎loverの声をおとどけします!

「情」が生まれる交流の場

voice12

御前崎港の一角にある「エコパーク」。この約7000坪の港湾緑地を、平成12年から県との協働事業で維持管理を行っているのが、私たち、地元有志による団体「御前崎エコクラブ」です。最初はジャングルのようだったこの土地も、仲間たちと草取りや剪定、花壇の植替えなど手作業でコツコツと整備して、いまは四季折々の草花がたくさん咲く豊かな公園になりました。

ここには、たくさんの出会いがあります。
さまざまな草花や昆虫、鳥などとふれあいに、幼稚園児が遊びに来たり、知り合いが立ち寄ってくれたり。仕事で行き詰って一息つきにくる人や、海外からきた漁業の実習生、なかには廃漁具を寄付してくれる知り合いもいます。

「木から水が出ているけど、これなあに?」、「どうやったらクワガタがうまく捕まえられるかな」、「最近、お袋がさぁ……」「この前、仕事で失敗しちゃって……」。太陽の下で風に当たりながら、顔と顔を突き合わせているからこその会話には、自然と「情」が生まれてきます。エアコンの効いた部屋ではきっと、なかなか聞けないことばかりだからなのかもしれません。

自然を眺め、一緒に汗を流し、体験を共有することで心を通い合わせ、助け合い、思い合い、悩みを吐き出して心を落ち着ける。この公園が、たくさんの「情」にあふれる交流の場になれば、私たちもうれしいです。

山本貴美枝(御前崎エコクラブ会長)