海のある暮らしを楽しむ。Life&Culture Web Magazine
御前崎市シティプロモーションサイト
Instagram
2020

お店の味をお家で楽しもう!テイクアウトと出前の店サイト「DEMAEZAKI」

お店の味をお家で楽しもう!テイクアウトと出前の店サイト「DEMAEZAKI」

外出自粛や休業要請で通常営業ができない飲食店や宿泊施設が「今できること」を考える中、御前崎市内の店舗を応援するため、テイクアウトや出前の店を紹介するサイト「DEMAEZAKI」が4/10にスタートした。企画から1週間足らずで立ち上がったDEMAEZAKIサイトは、参加店を急激に増やし、情報発信している。

当初は、10数軒だったラインナップも、今では50軒近いお店の情報が揃う充実ぶり。
メニューも多彩だ。御前崎の特産品である夢咲牛や一黒軍鶏を使ったお弁当、カツオを使った料理など御前崎ならではのグルメをはじめ、人気のおかずを盛り合わせた特製日替わり弁当や焼き肉弁当、鰻弁当、イタリアンランチボックス、ロコモコ弁当など、お店自慢の料理を詰めたお弁当がさまざまな店で用意されており、いつものお店の味がテイクアウトメニューとなって、お家で楽しめるようになっている。

テイクアウトメニューの中には、このDEMAEZAKIサイトの立ち上げを機に考案された普段のお店では食べられないテイクアウト限定の特別メニューもあるから必見だ。さまざまなジャンルのバラエティ豊かなメニューが、これでもかというほど並び、今日の気分に合わせてチョイスできるのが嬉しい。

利用者からは、「このサイトのおかげで、いつも行くあのお店がテイクアウトサービスをしていることを知った」、「地元のテイクアウトや出前の情報が一同に見られて便利」といった声が寄せられており、「DEMAEZAKIを見て、頼みました」と言って注文してくれるお客さんが多く、大きな反響を呼んでいる。お店側にとっては、テイクアウトによって新しい顧客が増えたり、新しいメニューを考案して、よりお客さんに喜んでもらう方法を考えるきっかけになったりと、前向きに営業を続ける機会になっているようだ。

サイトの充実と並行して、このDEMAEZAKIの取り組みを実店舗でも発信しようと、特製の「DEMAEZAKIステッカー」も制作した。このデザインを担当したのは、御前崎市の地域おこし協力隊の金井さん。この動きを知った金井さんが“御前崎市の一員として協力したい”という想いから、まちのためにできることをデザイナーの仕事を活かして形にした。出前というワードから連想しやすい「岡持ち」をアレンジして、試行錯誤の末、完成したステッカー。DEMAEZAKIに取り組んでいるお店で貼られている。ステッカーでは「#DEMAEZAKI」をつけてSNSで発信しようと呼びかけ、お店はもちろん市民にもこの取り組みの和を広げている。

実際にDEMAEZAKIサイトを利用した市民の方の中には、「#DEMAEZAKI」をつけてSNSに投稿する人が増えている。お店からは、メニューや金額の紹介、注文の受付状況などを発信。利用者は、購入したテイクアウトメニューを写真にとって、SNSでシェアすることで、情報拡散し、お店を応援することができる。SNS上にあがった色とりどりの実物写真からお店選びをすることもできそう。

飲食店や宿泊施設は、美味しい料理で地元を元気に、お客さんは、テイクアウトを利用したり、SNSで発信したりすることでお店を応援。DEMAEZAKIの取り組みでこの難局をみんなで乗り越えようと、温かい地域の和が広がっている。

upload_DEMAEZAKIお弁当写真

市内事業者応援サイト「DEMAEZAKI」
https://peraichi.com/landing_pages/view/demaezaki

UMICO編集部
2020年5月