UMICO ウミコ

海のある暮らしを楽しむ。Life&Culture Web Magazine

御前崎市シティプロモーションサイト

TOPIX

イタリアンジェラート マーレ

御前崎のジェラート屋「イタリアンジェラート マーレ」を訪ねました。

P1190501 (2)

本わさび、かぼちゃ、クリームチーズ、イチゴ、ラムレーズン……。スペシャル感たっぷりのラインナップで、買う前から「どれにしようかな」と楽しませてくれるのは、〈御前崎海鮮なぶら市場〉の名スポットであるジェラート専門店〈イタリアンジェラート マーレ〉。ミルクやココア、チョコチップ、あずきなどの定番もあり、14種類のジェラートが季節ごとに入れ替わるので、いつ行っても飽きることがありません!

P1190516

ここ〈イタリアンジェラート マーレ〉でしか味わえないもの。それは、御前崎の特産品でつくった名物ジェラートの数々です! まずご紹介したいのは、本物の魚をつかった『しらすジェラート』。お店の目と鼻の先にある御前崎漁港で水揚げされるシラスをジェラートにしちゃうなんて、なんとも贅沢な一品ですね。「ほんのりしたシラスの塩気と食感がクセになる」と観光客から地元の人まで、幅広く愛されている人気商品です。

P1190492

それに並ぶ人気商品が、御前崎発の銘茶“つゆひかり”をつかった『煎茶ジェラート』。地元のお茶農家からダイレクトに茶葉を仕入れているだけに、本格的なお茶の香りと旨味がバッチリ楽しめちゃいます。うーん、どちらも捨てがたい!ってことで、「しらす」と「煎茶」をダブルでチョイスし、至福の試食タイム! ああ、濃厚で滑らかな味が、口のなかを御前崎一色に染めていく……。

P1190487

お店の目印は、ジェラートの形をしたキャラクター「あいすくりん」。ツーリング途中のライダーや観光バスで立ち寄ったツアー客、地元のちびっ子から、おじいちゃんおばあちゃんまで、多くの人がベンチに腰掛けジェラートで笑顔になっている。〈御前崎海鮮なぶら市場〉の一角には、いつもそんな和やかな景色がありました。

UMICO編集部
2018年8月

イタリアンジェラート マーレ