UMICO ウミコ

海のある暮らしを楽しむ。Life&Culture Web Magazine

御前崎市シティプロモーションサイト

TOPIX

新野カカシ祭り

2018年10月、新野カカシ祭りを訪ねました。

D46C9FAE-81A8-4530-85AF-89508BF431CA

春には茶畑のあざやかなグリーンが、秋には黄金色に輝く水田の夕景がうつくしい、御前崎の新野地区。農業が盛んなこの地では毎年、秋の収穫時期になると、一風変わったイベントが催されます。それが「新野カカシ祭り」です。

5B603765-2817-4AC8-AB20-DE00B75DA22D

カカシといえば、麦わら帽子をかぶった「へのへのもへじ」が定番で、地味なイメージがありますが、この祭りのカカシは個性派揃い。参加する市民や企業・団体の趣向を凝らした作品が、河川沿いの遊歩道に約40体並びます。

2AF46E20-3045-4906-8C44-A3FBC4FCD45F

人気のアニメキャラクター、子どもを背負って子守唄を歌う母親、御前崎のマスコットキャラクター「なみまる」と「ふうちゃん」、陸なのになぜか“大漁”を表現したカカシや、交通安全を呼びかけるカカシなど、今年もバラエティ豊かなラインアップ。もちろんどれも手づくりで、布を縫い合わせたり、服を着せたり、小道具を持たせたり。思い思いの作品に仕上げるための苦労が、細部を見ていると伝わってきます。一生懸命に地元を盛り上げようとする人がこんなにいるのは、とても素晴らしいことですね。

祭りを見に来た人々も楽しみにしていたのか、今年はどんな顔ぶれなのか確かめるように、一体ずつじっくりと眺めていました。来年はどんなカカシが地域を賑わせてくれるのか、いまから楽しみです。

F718D9DA-881A-4A19-BB04-FE07203F1137

UMICO編集部
2018年10月